建築鉄骨構造技術支援協会(SASST)  
 
Q

7-5 高力ボルトの座金の表裏について

高力ボルト接合で使用する座金は、表裏を区別する必要があるのでしょうか。

▲質問一覧に戻る


A

座金には、明らかに裏表があります。接合面側には締付時のボルトの共回りを防止するためにすべりを阻止する処理が施されていますので、表裏は、明確に区別して使用すべきであり、この点は、厳守して下さい。

なお、表面側のボルト孔上部には面取りが施されていますので、表裏の区別は容易です。

▲質問一覧に戻る