建築鉄骨構造技術支援協会(SASST)  
 
Q

4-31 合格欠陥に対し手直しを求められた場合の対応

現場溶接にて合格欠陥(ブローホール等による内部欠陥のきずの評価が不合格とならない場合)が生じることがありますが、検査会社が実施する受入検査よって手直しを求められる場合があります。

作業の進捗を考えますとやはりそのまま進めたいのですが検査者にそれを問うと直しなさいの一点張りで、それ以上言いますと溶接作業者の変更を求められることもあります。

何か良い対応などないでしょうか。

▲質問一覧に戻る


A

検査会社はルールに則って検査しているので、不合格とならない欠陥の部位を直せというのは越権行為であり、もしかすると設計者からルールにない指示が出ている可能性もありますので、直さなければならない理由を問い質す必要があるものと考えます。

対応方法としては合格欠陥を含む欠陥が発生した時の手順を確立しておく必要があります。契約形態を考慮すれば、通常、次のような手順になると思われます。

合格欠陥を含む欠陥が、設計・監理、ゼネコン、検査会社、ファブ、溶接施工業者(溶接技能者含む)でどのような欠陥であり、要因がどこにあるかを確認し、修正の可否を含めた是正方法を決めることが大切です。

なお、合格欠陥を修正する場合には、次のような問題点も協議する必要があります。

・修正に伴うコスト(時間と費用)を誰が負担するのか。このような場合は基本的には追加工事になると考えられる。

・エアアークガウジングにより溶接部を削除し再溶接するために溶接部の性能に影響する可能性が考えられる。

このような契約形態に基づく協議体制が工事当初より構築されていれば、合格欠陥に対して検査会社からの修正要求や溶接技能者の変更要求にならないと思われます。

▲質問一覧に戻る