建築鉄骨構造技術支援協会(SASST)  
 
Q

4-28 柱・梁に取り付く仕上げ下地PL溶接のひずみ防止法

最近、本体鉄骨に後工事用(ALC版受けピースなど)の下地材を取り付ける指示が増えています。取付け材は打合せで決まりますが、ピースの溶接はショートビードにならない程度か、全周溶接の指示を受けることがあります。部材が小さいと溶接歪みが出て困ることがあります(下図)。

▲質問一覧に戻る


A

後工事については、様々な要望が客先より出されます。折角、現場で打合せを行うなら、必ず客先からの指示書をもらうか打合せ議事録に客先のサインをもらって下さい。その時には、基本的な溶接方法(隅肉のサイズ・溶接長さなど)を決め、溶接基準図にその内容を反映させることが重要です。
質問の図における下地材(一次ピース)PLの大きさは100mm角程度とし、少なくとも2面の溶接で、隅肉溶接のサイズは4mmで溶接長は60mm程度で行えば宜しいかと思います。また、後工事でこのPLにALC版の受け材のアングル材を取付けるなら、ピッチは@1,000mmでもよいと思われます。直にALC版を取付けるなら、ALC版の割付け図によりますが、ALC版の幅600mmが一般的です。打合せにより、納まり、構造等様々な観点から、取付枚数を少なく(間隔を大きく)すること等が、お困りの歪を少なくする手段の一つとなります。
特に気を付けてほしい点を、以下に記述します。
①必ず後工事の割付け図により一次ピースを工作図に記入する。
②大梁や柱に取付ける場合は、地震時に作用する曲げ応力の大きい梁の端部300〜500mmの位置は避ける。
上記②の場合は、曲げ応力が大きく作用するため母材にアンダーカットを発生させない隅肉溶接が必要です。つまり、母材表面にノッチの発生を避けることが重要です。

▲質問一覧に戻る