建築鉄骨構造技術支援協会(SASST)  
 
Q

4-16 付属金物溶接のショートビードを避ける

図の昇降タラップ受け金物の溶接は、ショートビードになるのでしょうか。

▲質問一覧に戻る


A

設計図書に示す溶接長さは有効長さに隅肉サイズの2倍を加えたものであり、厚いほうの板厚が6mm超の場合の組立て溶接長さは40mm以上と規定されているから、提示された図の金物寸法であれば40mmは確保できるのでショートビードは回避できます。ただし、金物を取り付ける構造体の板厚や気象条件によっては予熱を検討する必要があります。

▲質問一覧に戻る