建築鉄骨構造技術支援協会(SASST)  
 
Q

3-57 ダイアフラムのめっき抜き孔と強度の関係は

溶融亜鉛めっき部材において、ダイアフラムにめっき抜き孔(角パイプ断面に対して20パーセントの開口)をあけるように、めっき屋さんから依頼がありますが、その際ダイアフラムが板厚に対して弱くなることは、ないのでしょうか。

▲質問一覧に戻る


A

ダイアフラムに孔が開いた場合の検討方法は、梁フランジの全強(強度×フランジ断面積)を、孔が空いたダイアフラムで伝達出来ればよいのですから、

孔が空いたダイアフラムの耐力: Pd =(B-d)× t × fs
梁フランジの全強: Pf = Af × ft

とした時、

Pd ≧ Pf

が満足することが必要となります。

ここに、Bはダイアフラム幅、tはダイアフラム板厚、fsはダイアフラムのせん断強度、また、Afは梁フランジの断面積、ftは梁フランジの引張り強度となります。

ダイアフラムの幅は、梁フランジ幅より大きくまた、ダイアフラムの厚さも梁フランジ厚に対し1サイズ程度は大きくするのが一般的であることを考慮すると、角パイプ断面の20%程度の孔であれば、通常問題は生じないと思われます。

尚、上記の検討は、設計者があらかじめ行っておくべき事柄であり、施工サイドで検討すべき事項ではありませんが、是非一度上式で安全性を確認されたらいかがでしょうか。

▲質問一覧に戻る