建築鉄骨構造技術支援協会(SASST)  
 
Q

3-52 リブとスプライスPLの干渉を避ける

柱と梁を接合するスプライスプレートがリブと干渉してしまうため、リブを移動しなければなりません。

リブの移動距離(※)の許容範囲はどれくらいでしょうか。また、それを設計者・GCに説得できる図書での文面はあるのでしょうか。なお、柱が先行して建方が終了しているので継手位置を変更することはできず、間柱の位置も変更できないとなっています。

▲質問一覧に戻る


A

リブを移動すると間柱取合いプレートとの力が伝達されないことを理由に移動不可とされると考えられます。また、リブはスプライスプレートの高力ボルトに近いこともあり、現場溶接による取付もできないと思われます。

対策案1として、間柱端部はピン接合と思われるので、間柱取合いプレートを補強し、リブ無しとする(図1、(a))。

対策案2として、スプライスプレートとの間にすき間を設けるリブ兼間柱取合いプレートを一体型とする(図1、(b))。

どのような方法とするかについては、客先と打合せのうえで決めて下さい。

▲質問一覧に戻る