建築鉄骨構造技術支援協会(SASST)  
 
Q

3-5 仕口が斜めに取り付く場合の溶接部の納まりは

通しダイアフラム形式の柱に仕口が垂直方向にある角度をもって取り付く時の梁フランジとダイアフラムの継目はどうすればよいですか。

▲質問一覧に戻る


A

ご質問のように、通しダイアフラムに斜めに梁フランジが取り付く場合は収まり上接合部に偏心が生じます。

この偏心モーメントを処理するにはダイアフラムの板厚がかなり大きくなります。対処方法としては柱通し形式とするのが望ましいですが、仕口の角度によってダイアフラムの板厚を検討する必要があり、また、組立てにおいては柱スキンプレートを挟んで取り付くこととなる内ダイアフラムと梁フランジの位置の精度に注意が必要です。

▲質問一覧に戻る