建築鉄骨構造技術支援協会(SASST)  
 
Q

2-3 高性能冷間成形角形鋼管について

冷間成形角形鋼管として一般に使われているBCP材、BCR材の他により高性能な冷間成形角形鋼管があると聞きましたが、それらはどのような鋼材であるのか教えて下さい。

▲質問一覧に戻る


A

BCR295、BCP235、BCP325、BCP325T以外で大臣認定を取得した冷間成形角形鋼管としては、F 値325N/mm²の高性能のものとしてNBCP325EXが、F値が385N/mm²以上の高強度のものとしてG385、NBCP440、PBCP440などがあります。それぞれ表)、表2に化学成分、機械的性質を示します。ここに示したようにNBCP325EXは、鋼管角部の衝撃値(0℃におけるシャルピー吸収エネルギー)が70J以上と規定されており、溶接部の性能が他の鋼管材に比べてかなり優れたものとなっています。

製品サイズは、NBCP325EXが□400x16〜1000x40、G385が□400x19〜1000x50、NBCP440は□400x16〜1500x50、PBCP440は□400x19〜1400x50です。これらの材の設計・施工についてはそれぞれの製品のメ-カ-に確認して下さい。なお、これらの材のメーカーは表3に示すとおりです。

表1 化学成分、炭素当量と溶接割れ感受性組成(%)
表1
表2 機械的性質
表2
表3 高性能冷間成形角形鋼管メーカー一覧
表3

▲質問一覧に戻る